画像 ユーザ 管理
「HiSEP・HiGEPS理学部特別セミナー(2017.3.11)」 開催のお知らせ
2017年 03月 4日(土曜日) 01:20 - ユーザ 管理 の投稿
 

下記の日程で、HiSEP・HiGEPS特別セミナーを開催致します。HiGEPS受講生と、理学部1~2年生を主対象とした、宇宙物理学の現状と将来に関わる話題を提供します。講師には、メキシコ・グアダラハラ大学の若手研究者のかたをお招きし、加えて、メキシコの文化・教育・学生生活なども交えてお話しいただく予定です。学部・学科を問わず、関心・興味ある多くの方のご参加をお待ちしています。 
(注)会場は 埼玉大学でなく、放送大学大宮学習センターになります。



■埼玉大学理工学研究科HiGEPS 理学部HiSEP 公開セミナー
■講演題目:「21世紀の宇宙物理学の展望」
■講師:Dr. Eduardo de la Fuente Acosta メキシコグアダラハラ大学  宇宙惑星研究所
■日時 2017年3月11日土曜日 16時から17時15分
■場所 放送大学 埼玉学習センター講堂 (大宮駅西口から3分、JACK大宮ビル8階)
■概要

In this talk I present the actual view of the Astronomy and the role of the Astroparticles on the XXI century. The technological advance of this century allow us to get new discoveries and get uniquedata on this field of science. There is not doubt that many of the greatest scientificdiscoveries of this century, are on the Astroparticles, as part of the High Energy Physics (sinergy).
絶え間ない技術の進歩により宇宙物理学においていくつもの新しい発見が期待されています。その中で宇宙粒子線研究分野でもたらされるものに注目します。